クマの治療などクマった症状も消え去る|整形案内板

顔の手入れ

クレーター治療の仕方

頬をさわる

クレーターとはニキビあとのでこぼこになっている皮膚のことです。クレーターは簡単には治せませんが、自分でピーリングなどのスキンケアをすることで改善できることもあります。また、皮膚科に相談すれば適切な治療をしてくれます。

詳細を確認する

レーザー治療の詳細

鏡を見る

ニキビ跡は、皮膚の深いところにできていることが多く、それ故に治りにくいのですが、レーザーをあてることで治療できる場合もあります。この治療法は何種類もありますので、どの治療をするかによって料金も違ってきます。

詳細を確認する

老けて見せない

切らなくても大丈夫!クマの治療はクリニック選びが大切です!こちらで安全で信頼できる医院を調べる事ができますよ!

美容外科でクマを治すその相場とは

目元をさわる

目の下にできるクマは、体調が悪そうに見えたりどこか疲れて見え、どうしても年齢より老けて見えるという印象になりがちです。 実際、仕事や家事がたてこんで疲れていることで一時的にできたクマなら、休息を取ることで消えることもありますが、体質や加齢によるクマはなかなか消えないとされています。 他に、化粧品やサプリ、マッサージ等で解消するという方法も紹介されていますが、これも効果は限定的で誰もが納得するものではないようです。 そんな改善が難しいクマですが、美容医療のプロである美容外科には効果的で確実な治療法が提案されています。 クマ治療はクマの種類によって違い、それぞれの施術料金も違います。 レーザーや高周波を用いる方法なら1回につき3万円ほど、目の下の脂肪除去なら両目で50万円ほど、ヒアルロン酸を注入する方法なら注射1本につき10万円くらいが平均的な相場です。

治療法の違いについて

一言で目の下のクマといっても、その種類は様々です。 たとえば、生まれつき目の下の皮膚が薄く、そのためハリを失いがちで血色も悪いという「くすみグマ」、加齢により下まぶたにくぼみができ、それが陰になる「陰グマ」、同じく加齢により下まぶたがたるみ、そこに脂肪がたまる「脂肪グマ」等があげられます。 化粧品やマッサージなどでは、どうしてもこれらの全く異なるタイプ別に改善することが難しく、そのため今一つ効果が見えにくくなってしまうとされています。 しかし、美容外科ではそれぞれのタイプ別に治療法が提案されていることから、しっかり効果を発揮することができるのです。 なお、くすみグマタイプにはレーザーや高周波による治療を、陰グマには注射でヒアルロン酸を注入する治療が、脂肪グマには脂肪除去による治療が推奨されています。

豊かなバストラインへ

微笑む女性

脂肪注入法という豊胸施術があります。これは、自分のお腹や太ももから脂肪を取り除いて、それを胸に入れる施術です。自分の脂肪を使うことで、自然な胸に整えることができます。施術後のダウンタイムもなく、手軽に行えます。

詳細を確認する

↑ PAGE TOP